その腕時計は刃物から生まれる

MUSHA Damascus Watch 「Nobunaga」は刃物製造や日本刀製造で世界でも有名な刃物のまち、
岐阜県「関市」より通常刃物に使用される「ダマスカス鋼」という、
磨くと不思議な模様が浮かび上がる鋼材を使用し製造した腕時計です。

新色発売 クラウドファンディングサイト「A-port」で先行予約受付中

A-portを見る

MUSHA Damascus Watch 「Nobunaga」
新色Green Gray

WHITE

白文字盤の腕時計一覧へ

MUSHA Damascus Watch 「Nobunaga」
白文字盤 × エイ革ベルト

MUSHA Damascus Watch 「Nobunaga」
白文字盤 × 組み紐ベルト

BLACK

黒文字盤の腕時計一覧へ

MUSHA Damascus Watch 「Nobunaga」
黒文字盤 × エイ革ベルト

MUSHA Damascus Watch 「Nobunaga」
黒文字盤 × 組み紐ベルト

KUMIHIMO BELT

「組紐」は日本刀の持ち手部分、柄巻きという部分に使用されていました。
その組紐を使用し京都の老舗組紐メーカーの協力の下、「縮緬組み」という工法で腕時計のベルトを実現しました。
シルクの発色がとても鮮やかな製品となっています。
またこの組紐ベルトは「ホールレス仕様」を採用しており、ベルトのどの部分でも留める事が可能で、お客様自信に合った最適なフィット感を実現します。

MUSHA(ムシャ)組み紐ベルト
MUSHA(ムシャ)組み紐ベルト
MUSHA(ムシャ)組み紐ベルト
MUSHA(ムシャ)組み紐ベルト
MUSHA(ムシャ)組み紐ベルト
MUSHA(ムシャ)組み紐ベルト
MUSHA(ムシャ)組み紐ベルト
MUSHA(ムシャ)組み紐ベルト

EIGAWA BELT

「エイ革」はこちらも組紐と同様、日本刀の柄木の部分に滑り止め用として使用されていました。
革としてはとても硬く、加工が難しい点、また価格も高価な事もあり中々流通していないのが現状です。
高級感溢れる「エイ革」特有の外観と質感、また大切に使用すれば100年持つとまで言われる耐久性を兼ね備えた製品となっています。

MUSHA(ムシャ)エイ皮ベルト
MUSHA(ムシャ)エイ皮ベルト
MUSHA(ムシャ)エイ皮ベルト
MUSHA(ムシャ)エイ皮ベルト
MUSHA(ムシャ)エイ皮ベルト
MUSHA(ムシャ)エイ皮ベルト
MUSHA(ムシャ)エイ皮ベルト
MUSHA(ムシャ)エイ皮ベルト

INFORMATION

2018/09/04 事務所の方移転しました。
2018/06/26 6/30、7/1にポートメッセ名古屋で開催される「クリエイターズマーケット」に出店します。


ダマスカス鋼は、実際の刃物製造同様にマシニング加工の後、
関市内の熱処理メーカーにて焼入れを行い
デザイナー自身が一つ一つ丁寧に磨き上げます。