黒文字盤×組み紐ベルト

「組紐」は日本刀の持ち手部分、柄巻きという部分に使用されていました。
その組紐を使用し京都の老舗組紐メーカーの協力の下、「縮緬組み」という工法で腕時計のベルトを実現しました。
シルクの発色がとても鮮やかな製品となっています。
またこの組紐ベルトは「ホールレス仕様」を採用しており、ベルトのどの部分でも留める事が可能で、お客様自信に合った最適なフィット感を実現します。

1